ビジネスで使う倉庫のスムーズな管理方法

ビジネスを行う場合、物を保管する必要がある時は、倉庫の管理を良く考えることが大切です。出入りや数といった帳簿上の在庫だけではなく、実物を保管する現場にも目を向ける必要があります。例えば、グループ化して保管を容易にしたり、置き場所を変えるだけでも効率化が行なえます。今まで当たり前のように行っていた保管方法も、実は見直せる部分が数多くあったり、今まで以上に楽になる可能性を秘めているのが特徴です。当たり前に対して疑問を持つ、これが無駄を減らし効率化する切っ掛けとなりますから、問題点をリストアップして改善することがポイントです。無駄の削減は、働く人の負担軽減効果に繋がり、やがて利益を増やすチャンスに発展して、関わる人にとって嬉しい結果に結び付きます。

倉庫の管理は置き場所を見直すのが効果的

普段何気なく物を置いている場所に、実はそこを選ぶ必要性がなかったり、明確な理由が存在しない場合があります。大きくて重たい荷物は、出し入れに時間や労力を必要とするので、なるべく出入り口に近い場所を選ぶのが合理的です。一方、頻繁に出入りする種類に分類される物も、出入り口付近に保管した方が効率的であることを意味します。つまり、移動に時間が掛かる物であったり、入っても直ぐに出ていくタイプの荷物は、この場所を指定して置くのが理想的です。ただ、大きく殆ど出入りしない物に関しては、出入り口よりもやや奥に置いた方が、結果的に出入りがスムーズになると考えられます。逆に、出入りが殆どなく存在感が薄い荷物は、必然的に必要となる置き場所が奥になります。保管場所の割り振りも肝心ですから、荷物は種類に応じてグループ分けを行い、種類ごとに置く場所を決めておくことも重要です。

高さを活かすのも倉庫の管理をスムーズにするコツ

平面的な視点では、倉庫管理が二次元的になってしまい、折角の空間がデッドスペースに変わってしまいます。効率的かつスムーズにするには、やはり空いている空間を有効活用したり、その考え方を保管に活かすことが不可欠です。出し入れすることは殆どない、でも長期的に保管する必要がある物は、目線よりも高い場所に置くのが最適解です。荷物崩れのリスクは高まるので、あまりに重たい物は置けませんが、比較的軽くて量が多い物なら適しています。反対に、使う機会はなくても重たい物であれば、低い位置に保管して取り扱った方が無難です。これらの要点を再確認すると、使わない物は奥や高い場所を優先して、出入りが激しい物は出入り口付近に置くことがヒントとなります。重たい物は安全を踏まえ低い場所に置き、同じ物同士はグループ化して保管するのが、ビジネスを効率化する賢いやり方だと結論付けられます。