倉庫の管理をスムーズに行うために

今日では、特にECサイトなどで商品を購入すると、インターネットで購入手続きを行なっただけで翌日には、さらに早ければ当日の夜には商品を受け取ることができます。こうした環境を整備するには、まずインターネットの発達・物流の発達・正確な予測による見込み生産・製品在庫を適切に保管し出荷するなどの営みが必須になってきます。しかし業界全体を見てみると、デフレ経済下ということもあり、こうした貴重な取り組みもいかにコストを掛けないで行なうことができるか、がカギになります。特に消費者の目に見えないところではコストを掛けたくない、という事情もあり、消費者が割高感を持たないように、商品価格に上乗せすることなしにこうしたシステムを成立させるためには、やはり高度なシステムを展開する必要があります。

物流のカギは倉庫業者の納入管理にある

まずリードタイムをほとんど要さずに消費者の注文に応えるためには、第一に正確な見込みによる生産計画が必要になってきます。やはり必要な時に必要な量だけ生産するというのは鉄則ではありますが、消費者に割高感を持たれないようにしなければならないという前提では、商品をまとめて生産し、製造コストを少しでも低くするような取り組みはどうしても必要になってきます。それでは余分なコストを掛けずに物流を成立させるためには、どうすれば良いのでしょうか。この場合は、生産者と販売者との間に、物流を取り仕切る倉庫業者が必要になってきます。例えば製造コストを下げるようにまとめ生産をされた商品がどこかにストックされ、消費者が希望する通りに商品1個単位で出荷管理できなければならないからです。

物流会社が低コストで在庫および出荷管理を行なうには

このように倉庫業者が必要になることが理解できたとしても、そこに大きなコストを掛ける訳には生きません。それはこの仕事が、消費者の目には見えない部分に相当するからです。消費者には見えないコストが販売価格に反映されていたら、やはり割高感は拭えません。この悪循環がデフレ経済の矛盾点でもあります。この問題を解決するには、やはり倉庫業者がシステムの精度を上げ、人件費を抑えて機能する必要があります。消費者が閲覧するECサイトの製品在庫と連動して実在庫が管理でき、入庫・出庫にミスがなく、かつ消費者一人一人に商品を1個単位で素早く出荷が、しかも最低人数で出来なくてはなりません。こうした取り組みを支えるのは、やはり最新のIT技術に対応した柔軟な物流業者の試みであるといえるでしょう。